家電

オール電化の賃貸で蓄熱暖房とエアコンの電気代を比較!安いのはどっち?

×

いらっしゃいませ!

昨年2019年は北海道でも夏の気温が30度を超える日も多く暑さに弱い北海道民を苦しめました。

とくに私は暑いのが苦手なので瀕死の状態でした。

そんな中私の住んでいる賃貸にもエアコンが取り付けられ、今年の夏は快適に過ごせる予定です!

ですが北海道民は夏を気にする前に冬を気にしなければなりません。

北海道民を悩ませる冬の寒さは身体にも影響がありますが暖房費などの家計にも大ダメージを与えます。

そこで今回、オール電化で蓄熱暖房を使っていた頃の電気代とエアコンを暖房として使っていた頃の電気代を比較してどっちが家計に優しく、どっちが過ごしやすいのか検証したいと思います。

セブンてんちょー
セブンてんちょー
夏に比べると冬の光熱費が2〜3倍になるんですよねー。
奥さマン
奥さマン
エアコンにする事で安くなるのかなぁ?

蓄熱暖房よりエアコンの方が電気代が安くなった!

豚の貯金箱

まず結論から言うとエアコンを使ったほうが我が家では電気代はかなり安くなりました

やはり必要な時間に、必要な分だけ温めれるのが大きな要因だと思われます。

我が家では11月〜3月までの4か月間は冬季の契約プランである『ホットタイム22』という融雪用電力がさらにかかります。

これはオール電化で蓄熱暖房の家庭であれば基本このプランがおすすめのようなので加入しました。

ですが2019年10月30日を持って新規加入が終了しました。

詳しくはほくでんのホームページをご覧ください。

ほくでんホームページ

それでは2019年1月と2019年12月の暖房の使用状況はほとんど同じなので比較していきたいと思います。

2019年の1月の蓄熱暖房のみを使った電気代

蓄熱暖房費
  • 蓄熱暖房台⇨12,013円
  • 通常電気代⇨13,955円

2019年12月のエアコンのみを使った電気代

電気代
  • エアコンを含めた通常電気代⇨14,545円

なので単純に計算すると

  • 蓄熱暖房を使った月の電気代⇨25,968円
  • エアコンを使った月の電気代⇨14,545円

となります。

蓄熱暖房を使った月よりもエアコンを使った月の方が11,423円も安くなりました!

家族構成や部屋の数、家にいる時間などでも金額は大きく変わってしまうと思うので我が家の行動パターンや構成と暖房の使用状況を確認していきましょう。

賃貸の間取りと行動パターン
  • メゾネットタイプの2LDK(1階に1部屋、2階に2部屋)
  • 夫婦2人暮らし
  • 共働きで平日朝7時〜夕方6時まで不在
  • 深夜0時頃就寝
  • 電気の契約は冬季のみほくでんの『ホットタイム22』と通常電気の2契約

蓄熱暖房は常にフル稼働なので電源を落とす事はありませんがエアコンは主に朝6時から7時までの1時間と帰宅してからの夕方6時から就寝時間の12時までの6時間合計7時間はつけています。

主に2人の居場所は蓄熱暖房とエアコンがある居間で過ごしているので基本居間以外は温めていません。

『エアコン』の場合も『蓄熱暖房』の場合も寒さを我慢することなくどちらも満足のいく状態を保っての使用状況です。

エアコンと蓄熱暖房はどっちが快適に過ごせる?

電気代が全てではありません。

快適に過ごせなければ意味がないのでそこも検証してみましょう!

蓄熱暖房は常に暖かいが使用時間の無駄が多い

蓄熱暖房

蓄熱暖房は24時間つけっぱなしで常に部屋が暖いです。

仕事から帰ってきてもすでに部屋が暖かいので身体がすぐ温まります♪

ですが我が家は共働きで平日は朝の7時から夕方の6時頃までいません。

1日の半分は家にいないのでとてももったいない気分になります。

留守中に電源を落としてしまうと蓄熱がされないので使いたいときに暖房として役目を果たせないので蓄熱暖房は24時間つけるのが鉄則となります。

ストーブのような風がでないのでじわじわ間接的に暖かい感じが特徴的です。

エアコンは使用時間の無駄がないが寒暖にムラがある

エアコン

その反面エアコンは使いたい時だけつけることができるので自分たちが家にいる時だけつけることが可能です。

なので無駄なく使えて誰もいない部屋を温めているという罪悪感はありません。

ですが家に帰ってもしばらくは寒いです。エアコンのスイッチを入れて30分〜1時間くらいは部屋が温まりません。

エアコンは風の強弱が調整できるので部屋を一気に温めることができ、直接的に暖かさを感じらるのが特徴的です。

蓄熱暖房
  • 24時間つけっぱなし
  • 部屋がずっと暖かい
  • 間接的な暖かさ
エアコン
  • 使いたい時だけ使える
  • 部屋が温まるまで時間がかかる
  • 直接的な暖かさ

『蓄熱暖房』と『エアコン』のどちらが快適かと言えば『蓄熱暖房』の方が常に部屋が暖かく快適に過ごすことができました

ですがこれには個人差があるのであくまで私個人が感じた感想ですので参考程度に!

まとめ

検証結果
  • 1か月間の電気代が『蓄熱暖房』より『エアコン』の方が11,423円も安くなった!
  • 『蓄熱暖房』の方が1日中暖かくて過ごしやすい!

常に部屋が暖かい蓄熱暖房の方が快適に過ごせましたが、1か月の電気代が11,435円も安くなるのであればエアコンで過ごす道を私は選択しました。

北海道の冬は半年近くあるので月1万の差はバカにならない金額です。

エアコンもつけ始めを我慢すればあとはずっと温かいのでとくに問題はありません。

先にも記載しましたが、行動パターンや使用状況によって個人差が出てくると思うのでこの記事を参考程度に見ていただければありがたいです♪

ありがとうございました!またお越し下さいませ!

20歳未満の喫煙は禁じられています。 私は満20歳以上の喫煙者であることを確認します。