CBD

CBDリキッド『+WEED(プラスウィード)』使用レビュー|評判通りの本格的CBD

×

いらっしゃいませ!

最近CBDに興味を持ち始め、ついに話題のCBD『+WEED(プラスウィード)』を購入しました!

今までは安いCBDを試していたのですが、少し高めの本格的なCBDを試してみたいと思い購入に踏み切りました!

濃厚な味わいを楽しめる『+WEED』は一体どんな味なのか試していきたいと思います!

セブンてんちょー
セブンてんちょー
なかなか最初から高価なものには手が出せないタイプでして…。

『+WEED(プラスウィード)』リキッドタイプの特徴

プラスウィード
商品名+WEED ハーブフレーバー Eーリキッド
濃度3%
容量10ml
値段(公式)¥4900(税抜)

+WEED【プラスウィード公式】

今回私が購入したのは『+WEED』のリキッドタイプ!

CBD専用のアドマイザー(他社製)をすでに持っているのでそれに注入していきたいと思います。

他社製のヴェポライザーだと故障の原因につながる場合もあると記載されているので基本は純正のものを使いましょう!

※他社製のヴェポライザーだと壊れる危険性あり

プラスウィード

私は、まだCBD初心者なのでCBD濃度3%の1番薄いものを選びました!

CBDは、濃度の薄いものから徐々に濃いものに調整していくのが一般的な使用方法です。

お酒でもそうですが、いきなりアルコール度数の高いお酒を飲むとキツくてすぐ酔いが回りますよね?

そのような感じで、CBDも濃度の薄いものから使うのが暗黙のルール!

CBD製品の選び方についてはこちらをどうぞ!

CBD製品を探す時に注意するべき3つの事とは?タバコマニアの現役セブンイレブン店長がCBDを購入する前に注意するべき点を紹介します!...

『+WEED(プラスウィード)』の見た目は?

プラスウィード

箱は真っ黒で秘薬のような雰囲気。

さっそく箱を開封していきましょう!

プラスウィード

フタを開ける時は、軽く下に押し付けながら開けます。

これはリキッド漏れを防ぐためで、リキッドタイプは基本このスタイルなので覚えておきましょう!

プラスウィード

リキッドタイプは、フタがスポイトになっているので手を汚さずそのまま注入が可能です。

沈殿してることもあるのでしっかりと振ってから使いましょう!

リキッドタイプの使い方

プラスウィード

今回は純正のヴェポライザーではありませんが、『SMISS C7』と言うCBDリキッド専用のヴェポライザーを使用していきます!

SMISS C7についてはこちらをどうぞ!

楽天で激安のCBDリキッド専用ヴェポライザー『SMISS C7』使用レビュー!タバコマニアの現役セブンイレブン店長が激安のCBD専用ヴェポライザー『SMISS C7』の使用レビューを紹介します!...

※他社のヴェポライザーを使うと故障の恐れあり

調べてみたらほとんど純正のものと使い方が一緒なので説明していきます♪

プラスウィード

アドマイザーにリキッドを注入します!

この時リキッドの入れ過ぎに注意ですね!

CBD ヴェポライザー

パワーボタンを5回連続で押して電源オン!

加熱がスタートします♪

  • アドマイザー交換時や初めて使用する場合は、15分ほどおいてリキッドをコイルに浸透させる

コイルにオイルを染み込ませないとコイル内のコットンが焦げてしまうので注意です。

3段階で電圧を変更できます。

電圧の調整で煙や吸いごたえを強くしたりできるのでお好みの強さに調整しましょう!

吸い方は、深呼吸するように吸っていきます。

少し肺に溜め、少しずつ鼻から出していくとリラックスできます。

CBDヴェポライザー

もう一度5回連続でボタンを押すと電源OFFです♪

+WEED【プラスウィード公式】

『+WEED(プラスウィード)』ハーブフレーバーの味は?

プラスウィード

ハーブフレーバーと聞くとサッパリと爽やかなイメージがありますよね?

『+WEED』のハーブフレーバーは、ココナッツバターのようなニオイがします。

「ハーブフレーバーなのにココナッツ?」

と、思うかもしれませんが味は甘ったるくなくてとても吸いやすい!

CBD独特の草のようなニオイや味は全くありません!

CBDのイメージが変わりますねこれは!

ナッツが苦手な人は違うフレーバーをおすすめします。

まとめ

\単品購入可能!濃厚CBD!/

+WEED【プラスウィード公式】

タバコの値上げや健康志向の人が増えている中、CBDの需要はこれから日本でも増えてくると思います。

タバコの代わりとなるリフレッシュメントとしてもCBDは活躍するのでぜひお試しください!

ありがとうございました!またお越しくださいませ!