タバコ情報

クールループドシリーズからキングサイズの葉巻き登場!BATさん2021年はクール推し?

×

いらっしゃいませ!

つい最近グローハイパーからKOOL(クール)シリーズが登場すると紹介しました。

が、今回は葉巻きタバコのクールループドシリーズからキングサイズが登場するようです!

2021年のBATさんはクールに力を入れているみたいですねぇ。

さっそくその内容を紹介していきます!

2021年5月24日より順次発売開始

セブンてんちょー
セブンてんちょー
どのメーカーさんも似たような時期に新製品を出すので紹介が追いつきません。汗
奥さマン
奥さマン
新製品が増えると言うことはあなたの喫煙本数も増えるのね…。

クールループド・キングサイズシリーズの概要

クール キング
商品名『クール・ループド・キング』

『クール・ループド・プラス・キング』

分類シガリロ(葉巻タバコ)
値段500円(税込)
本数20本入り
発売日2021年5月24日より順次

キングサイズなのに値段はそのまま!

クール キング

今回紹介するクールループドキングは、2019年に発売されたクールループドシリーズが大きくなったタイプ。

以前のクールループドシリーズは、スリムタイプのみでたばこ葉の量も少なく正直物足りないと思った方も多いはず!

「キングサイズも出して欲しい!」

「スリムタイプじゃ物足りない!」

などの声からやっとキングサイズの登場です。

当然たばこ葉の量も多くなっているのですが値段はなんと500円(税込)そのまま!

スリムタイプの方が好きな方もいるのでなんとも言えませんが、個人的には同じ値段ならキングサイズを選んでしまいます。

100gのハンバーグと150gのハンバーグが同じ値段なら150gの方を選びます…よね?笑

北海道産のミントを使用!

クール キング

クールが長年愛されているのは他にはないミントの旨味が特徴です。

北海道産のミントを使用し、サッパリとした味わいの中に甘みも感じられるクセになるメンソールです。

大きくなって値段が同じなので正直たばこ葉が安っぽくなったのかと思いましたがそう言ったこともなし!

今回キングサイズになっても引き続き北海道産のミントを使用しているので、クールユーザーは安心して下さい。

クールループドとクールループドキングの違い

クール ループド

まずはパッケージの違いをチェックしていきましょう!

今回は『キングシリーズ』なので、KOOLの「K」の文字の上に王冠が施されています!

それ以外は、パッケージにキングと書かれているだけで何も変わりません。

中身はキングサイズ(通常サイズ)とスリムサイズの違いのみでスティックのデザインも一緒!

スリムタイプのたばこ葉の量は0.4g(フィルター含む)。

キングサイズのたばこ葉の量は0.8gと、倍の違いがありました。

クール・ループド・キングの味は?

クール

では、吸ってみましょう!

既存のクール・ループドと比べるとたばこ葉の量が多い分やはり吸いごたえがあります。

気のせいかもしれませんが、ミントの味も少し濃いように感じます。

一度に沢山のたばこ葉を燃やす分、吸いごたえに関しては申し分ないので

クールループドで物足りないと感じていた方は間違いなくキングサイズに乗り換えた方がいいです。

まとめ

今回は、クール・ループド『キングシリーズ』をご紹介しました!

2021年10月にたばこ税の増税があり、葉巻タバコなどの激安タバコが更なる注目を浴びています。

もはや600円台のタバコも登場しているので、安いタバコをぜひお試しください!

たばこ税の増税は2021年10月もあるの?今からできる3つのたばこ税増税対策止まる事の知らないたばこ税の増税!2021年のたばこ税の増税と増税対策について紹介します!...

ありがとうございました!またお越しくださいませ!

今話題の電子タバコ『DR.STICK』

『DR.STICK』はコスパ&吸いごたえ最強の電子タバコ。

使い捨てリキッドタイプなので初心者でも簡単・持ち運び便利!

タバコの値上がりも関係なし!ニコチンタールなし!の『DR.STICK』をぜひお試しください♪

\只今300円OFFクーポン配布中/DR.STICK公式ページはこちら☜