介護サービス

実体験をもとに機能訓練型デイサービスの1日の流れ(仕事内容)を紹介!

×

いらっしゃいませ!

どんどん進む高齢化社会。

なんと日本では2060年には約40%が高齢者になるといわれています。

私自身も2060年にはその40%のうちの一人です。

デイサービスや老人ホームなどの介護施設が増えているにも関わらず介護職員の人数が足りていないのが現状です。

私が今働いているコンビニ業も高齢者向けの商品や宅配サービスなどが増え、今後はますます高齢者に目を向けた商品やサービスが増えていく見込みです。

人口の半分近くが高齢者になる日本で必ず必要になってくるであろう介護の仕事。もっともっと介護の仕事に国が注目していかないといけないと私は思います。

今回は私が3年間務めた機能訓練型デイサービスでの仕事内容や1日の流れを自分の体験談を混ぜながら紹介していきますのでこれからデイサービスを検討している方やデイサービスではどんな仕事をしているのか知りたい方の参考になれば嬉しいです。



デイサービスの1日の流れ

7:30       出勤

⇩ 

8:00   掃除・朝のテーブル準備

⇩ 

8:30        送迎

⇩ 

9:00~10:00 お出迎え・バイタルチェック・朝礼

⇩ 

10:00~12:00    午前の運動

⇩ 

12:00   お昼ごはん

⇩ 

13:00~15:00    午後の運動

⇩ 

15:00~15:30 お茶&コーヒータイム・帰りのあいさつ

16:00   お見送り・送迎

1日の流れを活字にするとあっさりしていますがこの一つ一つの内容が実際はかなり濃いです。

8:00 掃除・テーブルや利用者さんの座席準備

デイサービス

デイサービスの1日は当日利用される方々のテーブルやイスのセットから始まります。座席はほぼ決まっていてその日の利用人数によって多少変化します。

セブンてんちょー
セブンてんちょー
ただの座席準備とあなどるなかれ!

利用者さんにはそれぞれ特徴があり「車いす」や「杖歩行」や「カート」を押している方など様々です。

例えば車いすの方は車いすのままテーブルにつくのでイスがあると邪魔になります。また、杖を使っている方には杖をかけるフックが付いたイスを準備します。

このようにその利用者さんがどのような人なのかちゃんと理解していないと準備が進まないのです。

セブンてんちょー
セブンてんちょー
席の準備から利用者さんの事を考えてやってるんだ!

細かい話をすると、「お尻の骨が当たって痛い」という方には座布団を事前に用意したり、いつも「肌寒い」という方にはひざ掛けを用意したりとその人の事を細かくわかってないといけません。

8:30 送迎

デイサービス 送迎

送迎専用のドライバーさんがいるデイもありますが私が働いていたデイは自分で利用者さんの家まで送り迎えするタイプでした。

利用者さん同士の人間関係や身体の状況によって車の座席も考えているので利用者さん・ご家族の方は安心してください。

万が一の事故に備えてドライブレコーダーも設置していました。

車椅子に乗ったままで車に乗れる場合と車椅子を折りたたんでトランクに積むパターンとあるのでもしどうしても車椅子から降りるのが不可能であれば事前に確認が必要です。

送迎は利用者さんのご家族に会ったり安全に運転しなきゃいけなかったりで緊張しましたが、慣れたらこの送迎時間がとても楽しかったです。

リハビリをしている時などはあまり利用者さんとじっくり話す時間がないので、この送迎の車の中での会話がとても貴重で利用者さんに近づくチャンスでもありました。

なにが楽しいかって利用者さん達の会話はお笑いの宝庫!!

最近きゃりーぱみゅぱみゅをテレビで知ったのかいきなり

「かりーぱむぱむって知ってるかい?」

と車の中で質問され、新しいカレー屋さんだと思って会話をしたことがあります。

セブンてんちょー
セブンてんちょー
スープカレー屋さんですか??
おじいちゃマン
おじいちゃマン
なにを言ってんだね!若者が!

尿失禁などがある場合や長時間車に乗るのが不安な場合は事前にデイに報告し、送迎のルートを変更したり小さい車で別に迎えに行くなど方法はいくらでもあるので必ず相談してみてください!

  • 『車いす』『カート』などの利用がある場合は事前にデイに確認しよう!
  • 尿失禁や長時間の搭乗が不安であれば事前に報告しよう!

9:00 お出迎え

お出迎えが1番ドタバタ劇の開始です!

セブンてんちょー
セブンてんちょー
あ!!〇〇さん勝手にうごかないでーーー!!
セブンてんちょー
セブンてんちょー
え!!△△さん外靴のまんまー!!

などとよそ見をする瞬間がありません。

毎日必ず持ってきてもらう連絡帳にご家族からのメッセージや昼食後の薬などが入ってるのでここでしっかり回収します。

デイサービスではこのように連絡帳を利用者さん1人1人に配布し、こちらからは本日の運動内容や利用中の様子を記入し、家族の方からは注意して欲しいことなどを書いてもらっているところが多いと思います。

お出迎えの時点で薬の忘れがあった場合はすぐお家まで取りに伺います。

  • 連絡帳が家族の方との連絡ツール
  • 早い段階で薬の有無を確認



9:30 バイタルチェック

セブンてんちょー
セブンてんちょー
送迎終わったし一息…

そんな暇はありませーーーん!!!

すぐに利用者さんの飲み物を用意しつつ、バイタルチェック(血圧・体温チェック)をしていきます。

この時点でいつもより体温や血圧が高い利用者さんには運動を控えるよう促したり運動をする前に利用者さんの健康状態を知る大事な業務です。

私がいたデイではバイタルチェックとともにお昼休憩の時の飲み物を確認するのですが。。

〇〇さーん!お昼の飲み物何にしますかー?
おじいちゃマン
おじいちゃマン
カレー。
  • 来所してすぐに健康チェック(バイタルチェック)は必ず行う
  • 連絡帳にも記入するので家族の方も必ず見るようにする

9:45 朝礼(朝の挨拶)

バイタルチェックも終わりお茶やコーヒーをゆっくり飲んでる利用者さん達。

毎週会う仲間と楽しそうにお話をしています。そこに余裕があるスタッフは話に加わりとても賑やかな雰囲気。

ここがデイサービスのメリットでもあり、色々な人と談笑することでストレスの発散にもなるんです。

運動も大事ですがこの時間が私は1番大事だと思ってます。

全ての方を誘導し終わったら運動開始です。

セブンてんちょー
セブンてんちょー
やっと運動が開始できる〜!
  • 他の利用者さんと談笑して精神的リフレッシュができる
  • 沢山の人と会話することで社会的孤立感から解放される



10:00 午前の運動

運動内容は利用者さんの身体の状況によって様々です。

立ったり座っての運動が大変な人は「臥位」と呼ばれる寝ながらの運動。

立つ事は困難だけど座りながらの運動が出来る方は「座位」

歩行訓練や足の筋肉を鍛えたい人は「立位」

利用者さんと相談し、どのような運動をしたいかなどの要望聞いて運動メニューを作成し、目標を立てて運動していきます。

そして3ヵ月に1度体力測定を行ってデータをとり、それを元にまた目標を立てていきます。

この運動内容もデイサービスによって全然違います。

私が働いてたデイサービスでは『レッドコード』と呼ばれるリハビリの先進国ノルウェーで開発された運動器具を使ってリハビリを行なっていました。

セブンてんちょー
セブンてんちょー
プロのアスリートも使ってて結構いい値段するらしいよ

このコードは100キロ以上の身体を支えてくれるので普段あまり身体を動かせない方でもこのコードを使うことで可動域が広がり、いつもより身体を大きく動かすことができます。

今では色々なデイサービスで使われているみたいですが当時はあまり使っているところがなく、このコードを使った運動が働いていたデイの1番の売りでした。

このようにデイによって売りにしているものがそれぞれ異なるので確認することをおすすめします。

  • 利用者さん1人1人に合った運動を行う
  • デイサービスによって運動内容は異なる
  • しっかり見学してデイサービスの特徴を知る

12:00 昼食

ここで昼食なのですが午前のみの利用者さんもいるのでその方々を家まで送迎します。そしてそのまま午後のみの利用者さんもいるので送迎担当はまっすぐ迎えにいきます。

1日利用の方々はごはん食べる前に嚥下(えんげ)体操を行います。

歳をとると飲み込む力が弱くなり食べ物を胃に送るのが困難になってきます。

それによって食べ物が喉に詰まってしまい窒息などを引きを起こす可能性があるのでしっかり食事前に口や下の筋肉を動かすのが大事なのです。

高齢者の食事の危険性について詳しくはこちらをご覧ください。

高齢者が食事中にむせるのはなぜ?食事の改善・リハビリ運動で予防しよう!元介護職員が高齢者が食事中にむせる理由と食事や運動による予防方法を紹介します。...

嚥下体操が終わったらみんなで

「いただきまーーす!!」

さあ、やっと食事の時間です。約30人の利用者さんが一斉に食事を摂ります。

食事の内容もデイサービスそれぞれ異なります。嚥下障害により汁物には『とろみ』をつけないと飲み込めない利用者さんもいますのでその場合は家族の方から事前に報告してもらいます。

デイサービスを選ぶ時にはこの食事内容もしっかりチェックしてください。

運動などの設備が良くてもお昼ご飯が納得のいかないものばかりだとそれもストレスにつながります。

家からの持ち込みがNGのデイもあるので必ず確認してください。

食事中はスタッフ約3名が見守りでフロアに立っていました。。僅かな咳き込み・ムセ込みを聞き逃さないようにしっかり見守ります。

咳き込みやむせ込みがひどい方にはこちらの宅配サービスの記事をご覧ください。

固い食べ物が飲み込めない高齢者におすすめ!やわらかい食事の宅配サービス!元介護職員が固いものが食べれない高齢者の方にやわらかい食事の宅配サービスの特徴やメリット・デメリットを紹介します。...

この食事の時間で注意しないといけないのが転倒です。

なんで座って食べてるのに転倒??

と思いますよね?

皆さん食べこぼしてしまったものを自分で拾おうとしちゃうんです!

セブンてんちょー
セブンてんちょー
〇〇さーん!拾うから動かないでー!!

とからやってるうちに食べ終わった方が自分で食器を下げようとします。

おじいちゃマン
おじいちゃマン
このくらいワシにだってできるんじゃ!

皆さん優しい方々でありがたいのですが逆に何か起きそうでヒヤヒヤです。

  • 食事内容はデイサービスによって異なる
  • 事前に料理はどのようなものなのか確認する
  • 食事に必要なものがあれば事前に申告する

13:00 午後の運動

午後のみ利用の方々も合流しバイタルチェックをしたら一緒に運動していきます。

午前の運動同様にそれぞれのメニューをこなしていきます。

食事後は皆さん眠くなっていたり身体が重くなっているので午前以上に注意が必要です。

15:00 お茶・コーヒータイム

全ての運動が終わりみんなでコーヒーやお茶を飲みながら楽しく談笑タイム。

ある時にはカラオケ週間を設けてみんなでカラオケをします。

ここが新人の登竜門!!

新人スタッフは100%歌わされます!!w

一生懸命氷川きよしを覚えましょう!

デイサービスでの仕事は若者が利用者さんの流行についていかないといけない世界なのです!

みなさんとても楽しそうで普段目立たない方も実は歌が上手で自慢げに歌っていました♬

このような楽しい時間があるのはデイサービスならではですね♬

16:00 帰りの挨拶・送迎

今日1日無事に終了できたことに感謝しここでも一言笑いをとったら利用者さんを送迎車に誘導します。

利用者さんの上着や荷物を準備して玄関フロアに1台目の車に乗る方々の靴を用意します。

順番に利用者さんの名前を呼んで靴を履かせて送迎車に乗せたら出発です。

朝の送迎同様車の中での楽しい時間が始まります。

安全運転で利用者さんを送るのを忘れずに!

セブンてんちょー
セブンてんちょー
また元気にお会いしましょー!

ご家族さんやお家に無事お届けしたらここでやっと一息

「ふぅーーーー!!!!!」

 



17:00 翌日の準備・ミーティング

スタッフみんなが送迎から戻ってくるまで掃除をし、明日の利用者さんの準備します。

それから今日の利用者さんの運動記録と容態、ヒヤリハットと呼ばれる事故になる手前のハッとした行動などはなかったのかをカルテに記入していきます。

これにて長くてあっという間の1日が終了です。

まとめ

デイサービスでの1日を実体験を元に紹介しました。

デイサービスのいい点はアットホームな雰囲気でみんなが『家族』のような感じになります。

なので利用者さんはリハビリを行いながらもストレスなくリラックスして過ごすことができると思います。

『運動内容』『食事内容』などの細かい部分はデイサービスによってバラバラです。

しっかり行く目的を決めて家族・利用者のストレスにならないようにしましょう。

詳しくはこちらの記事もご覧ください。

デイサービスに行きたがらないのはなぜ?嫌がる理由とその対処法元介護職員が正しいデイサービスの選び方について紹介しています。...

しっかり体験の時に家族の方も1日自分が利用する気持ちで体験してみることが今後利用者さんにとっても家族にとっても大事になってくると思います。

全てのデイサービスがこのような1日を過ごすわけではありませんが利用者さんと家族同様に過ごすのはみんな同じです。

家族の方もしっかりデイサービスの1日を把握してから預けるようにしましょう!

ありがとうございました!またお越しくださいませ!

 

 

 

20歳未満の喫煙は禁じられています。 私は満20歳以上の喫煙者であることを確認します。