タバコ情報

意外と知らないたばこの罰則とは?未成年の喫煙は家族が罰せられる場合も!

×

いらっしゃいませ!

嗜好品として長く愛されているたばこ。

皆さんご存知のように20歳未満(未成人)の方は法律上喫煙は許されていません。

しかし、その罰則の内容やその他のルールなど詳しく知っている人は少ないです。

知らぬ間にルールをやぶって罰則を受けたらかなりショックですよね?

今回は、見落としがちなたばこのルールや罰則内容についてご紹介していきます!

セブンてんちょー
セブンてんちょー
悪気がなくてもルールを破ってしまったらその時点で罰則です。
奥さマン
奥さマン
何事にもルールや法律があるのでしっかり確認した方が良さそうね。

たばこに関する法令

喫煙マーク
たばこに関する主な法令一例

Wikipedia参照

たばこに関する法令は、事業者向け製造者向け消費者向けの物を含めるとかなりの量があります。

上記は主な一例であり、この他にも数えきれない法令があるので正直覚えきれません!笑

お客さマン
お客さマン
私たち消費者が注意すべき法令はどれなの?

かなりの量の法令があっても私たち消費者が注意する法令は以下の通りです。

消費者が注意すべき法令
  • 未成年者喫煙禁止法
  • 健康増進法

特にたばこを販売や製造をするわけでないのであれば『未成年者喫煙禁止法』『健康増進法』の2つを注意しましょう!

未成年者喫煙禁止法とは?

満20歳未満の者の喫煙の禁止を目的とする日本の法律

セブンてんちょー
セブンてんちょー
皆さんご存知ですが簡単に言うと20歳以上にならないと吸っちゃダメですよー!ってことです。

2022年4月より成人年齢が18歳に引き下げられるのですが、引き続き満20歳未満は喫煙ができないので注意!

罰則の注意点!

罰則内容
  1. 未成年者の喫煙を知りつつそれを制止しなかった親権者やその他の監督者は、科料に処せられる。
  2. 20歳未満の者の喫煙を知りつつ、煙草又は器具を販売・供与した営業者とその関係人、法人は、50万円以下の罰金に処せられる。

未成年の喫煙は親族や身内に科料の可能性があります。

自分の子供や面倒を見ている(監督下の)子が20歳未満で喫煙した場合、その親や監督者が科せられます。

この『科料(かりょう)』とは、1万円未満の罰金にあたいするのですが前科がつくので要注意!

犯罪者扱いにはなりませんが、前科がつくということは過去に問題があったと言う記録が残ります。

セブンてんちょー
セブンてんちょー
未成年の方は今後の就職などに大きく影響がでてしまいます。

未成年の喫煙は学校側が退学や停学の処罰を下す事もありますが、これは原則として認められています。

また、販売したお店側も罰せられる可能性も!

しかも誰よりも1番重い処罰を受けなければなりません。

あくまで20歳未満と知りつつの販売なので、明らかに幼い未成年者や制服を着ている子に販売しない限り罰せられる事は少ないとは思いますが注意が必要です。

セブンてんちょー
セブンてんちょー
吸った本人よりも周りの人が重い処罰を受けなければならないんですね。

健康増進法とは?

国民の健康維持と現代病予防を目的とする日本の法律

セブンてんちょー
セブンてんちょー
指定された場所以外での喫煙はダメですよー!ってことです。

主に『受動喫煙』を防止する法令で、屋内を原則禁煙とし指定された喫煙所や場所でルールを守って吸うことが法律で定められました。

私たち消費者は、決められた場所でしっかり喫煙していれば罰せられることはありません。

また、事業者は喫煙のためには各種喫煙室の設置が必要になり、違反者には罰則が課せられることもあります。

厚生労働省の特別サイトがありますのでよろしければご覧ください。

『なくそう!望まない受動喫煙』Webサイトはこちら☜

セブンてんちょー
セブンてんちょー
どちらかと言うと喫煙者を取り締まる法令と言うよりは、事業者などに喫煙場所をしっかり設けさせるための法令だね!

罰則の注意点!

罰則内容

「禁煙場所での喫煙」「設備の違反」といった違反が発覚した場合、まず、都道府県知事による「指導」を受けることに。その後、「勧告」や「命令」などを経ても状況が改善されない場合、最終的に罰則(50万以下の罰金)の適用となる可能性がある。

基本私たち消費者が気をつけるべき点は、禁煙場所での喫煙をしてはいけないと言う事。

当たり前の事ではありますが、意外と知らないうちに違反している事もあります。

2020年の健康増進法の改訂により、加熱式タバコ専用の喫煙所が新しく設けられた施設もあり、そこで紙巻きタバコを吸ってしまうとそれは違反になります。

しっかりと喫煙所のマーク等を確認して、その喫煙所にあったタバコを吸わないといけません。

喫煙のルールについてはこちらをどうぞ。

禁煙
【喫煙のマナー】加熱式タバコや電子タバコの正しい喫煙場所とルール現役セブンイレブン店長が加熱式タバコや電子タバコのルールやマナー、「健康増進法」に伴う喫煙場所について紹介します!...

まとめ

法令の内容を知らないと、知らぬ間に前科者になる場合もなきにしもあらずです。

自分は違反をしていなくても、自分の監督下にいる子が違反をしてしまうだけでも共犯扱いになります。

しっかりと法令を理解して娯楽品であるたばことうまく付き合っていきましょう!

ありがとうございました!またお越しくださいませ!

ニコチン0のたばこスティック『NICOLESS』

ストロングメンソール
NICOLESSは禁煙したい人やニコチンフリーでタバコを楽しみたい方におすすめのタバコスティックです。

加熱式タバコ専用のタバコスティックで値段も安くたばこ税の増税対策としてもおすすめです。

ニコレス公式購入ページ☜