セブンイレブン

セブンイレブン(コンビニ)での軽減税率対象商品とお買い物をする際に注意することは?

軽減税率
×

いらっしゃいませ!

2019年10月1日から消費税の増税が開始します。
今回は軽減税率制度が導入されるので今までの増税時とは大きく異なります。この軽減税率制度は店員の私でも思った以上に複雑で少し嫌になってます。

このページではセブンイレブン(コンビニ)での軽減税率の対象商品と軽減税率の内容、購入する際の注意点について紹介していきます。

軽減税率って何?

2019年10月1日に消費税が現在の8%から10%へ引き上げられます。

お買い物をする際に低所得者に対する配慮から「酒類・外食を除く飲食料品」と「定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞」を対象に実施される制度です。これらの対象商品は、消費税が現在の8%のままです。

セブンイレブンにおける軽減税率対象商品

では何が軽減税率対象商品で何が対象外なのでしょう?
大きくジャンルで分けると

対象
  • お弁当や飲み物、お菓子などの飲食品全般
対象外
  • 雑誌
  • 雑貨
  • 新聞
  • お酒
  • タバコ

注意してほしい商品

ざっくりとジャンルで対象商品と対象外商品に分けましたが、その中にも細かな仕分けがあります。

その中でも特に注意してほしい商品があります。

『栄養ドリンク』

注意してほしい商品の1つが『栄養ドリンク』です。

疲れた時・気合を入れる時にセブンイレブンで栄養ドリンクを買う人も多いのではないでしょうか。

セブンてんちょー
セブンてんちょー
私もほぼ毎日飲んでます!

こうした栄養ドリンクは、医薬品」「医薬部外品」に該当するものは「食品」に該当しないため標準税率(10%)となります。

ただし!!

「医薬品」「医薬部外品」に該当しない栄養ドリンクは「食品」として軽減税率(8%)が適用されます。

分かりやすい例として、「リポビタンD」は標準税率(10%)、「オロナミンC」は軽減税率(8%)です。

もし気になる人はパッケージの商品案内に「医薬品」「医薬部外品」と記載されているので確認してみてくださいね!

  • 栄養ドリンクの『医薬品』『医薬部外品』は標準税率10% (例 リポビタンD
  • 栄養ドリンクの『医薬品』『医薬部外品』以外は軽減税率8% (例 オロナミンC

『酒類』

次に注意してほしい商品は『酒類』です。

「酒類」は標準税率(10%)です。ただし、ここでいう「酒類」は、酒税法に規定する「酒類」です。そのため、ややこしい事例がいくつか出てきます!

たとえば「みりん」です。皆さんはみりんが酒類として扱われているをご存知でしたか?

和食の調味料として使われる「みりん」は酒税法の「酒類」に該当するため標準税率(10%)です

が!!!

「みりん風調味料」はそれに該当しないため軽減税率(8%)が適用されます。

また、「料理酒」や「料理用ワイン」なども、食塩や酢などが加えられているため「酒類」には該当せず軽減税率(8%)です。

  • 酒税法で規定されている『酒類』は標準税率(10%)(例 みりん 酒全般
  • 料理酒や料理用ワイン、みりん風調味料は該当されず軽減税率(8%)

皆さんついてこれていますか?w

『新聞』

最後に注意したいのが『新聞』です。軽減税率の対象となるのは「定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞」だけです。

ですので、セブンイレブンで売っている新聞は全て標準税率(10%)です。

お客さマン
お客さマン
私は定期的に毎日セブンイレブンで買ってるから軽減税率対象だな
セブンてんちょー
セブンてんちょー
そんなこと言わないでくださいよー
  • 定期購読契約が結ばれた場合のみ新聞は軽減税率(8%)
  • セブンイレブンで購入する新聞は標準税率(10%)

セブンイレブンで買い物する際の注意

セブンイレブンに問わず、イートインが設置してある飲食店全てに言えるのが持ち帰りと外食の線引きです。

食品自体は軽減税率対象でも、買う目的によって税率が変わってきます。

テイクアウト(持ち帰り)は軽減税率の8%、イートインでの食事は標準税率の10%になるので注意してください。

詳しくは別記事をご覧ください♬

イートイン
セブンイレブン(コンビニ)のイートインで食事すると軽減税率は対象外??その仕組みを紹介!現役セブンイレブン店長が軽減税率制度開始後イートインコーナーなどが設置してあるセブンイレブン(コンビニ)でお買い物をした場合の対応と注意点について紹介します。...

まとめ

セブンイレブンにおける軽減税率の要点
  • イートインでの食事は「外食」
  • 対象商品は「お弁当」「飲み物」「お菓子」等の食品全般
  • 対象外商品は「雑誌」「新聞」「雑貨」「お酒」「タバコ」
  • 「医薬品」「医薬部外品」に該当するものは「食品」に該当しないため標準税率(10%)
  • 酒税法で規定されている「酒類」は標準税率(10%)
  • セブンイレブンで購入する「新聞」は標準税率(10%)

期間限定で10月1日から開始される軽減税率制度ですがしっかりと対象商品と仕組みを把握して損しないようにしましょう!

ありがとうございました!またお越しくださいませ!

 

20歳未満の喫煙は禁じられています。 私は満20歳以上の喫煙者であることを確認します。