タバコ情報

タバコのスリムタイプと通常タイプの違いとは?

×

いらっしゃいませ!

タバコ税がどんどん上がる中、比較的値段の安い「葉巻タバコ」や「スリムタイプ」の需要が高まっています。

値段が安いからと言って他の銘柄に変えても満足出来なければ意味がありませんよね?

そこで今回は、値段の安いスリムタイプと通常タイプのタバコの違いについて紹介したいと思います。

奥さマン
奥さマン
スリムタイプのタバコはなんか物足りなさそうなイメージなのよねぇ。
セブンてんちょー
セブンてんちょー
実際に吸ってみると意外に満足できますよ!

スリムタイプタバコと通常タイプタバコを比較

タバコ スリム

まず、スリムタイプと通常タイプのタバコは何が違うのか比較していきたいと思います。

スリムタイプ通常タイプ
約20円ほど安い値段約20円ほど高い
0.2gタバコ葉の量0.4g
0.4g全体の重さ0.8g

※キャメルシガーメンソールの場合

見た目は明らかに違うのはもちろんですが、値段もスリムタイプの方が安く販売されています。(※メーカーによる)

2020年10月の増税は、今までは増税の対象外だった葉巻タバコも対象になっているので全てのタバコが10〜60円値上がりします。

セブンてんちょー
セブンてんちょー
もう1箱600円台間近ですね!

今ではタバコメーカーによっては、スリムタイプよりも安い(400円前後)の通常タイプのタバコを出していますが、好んでスリムタイプを吸っている方もいます。

見た目や値段以外に、スリムタイプは通常タイプと味や吸い応えが違うのか気になるところです。

値段の違いはどれくらい?

タバコ スリム

スリムタイプの値段は通常タイプよりも約20円ほど安くなっています。

スリムタイプで当店で1番売れている『ケントエスシリーズ』は増税後は480円になり、通常タイプのケントロングは500円とその差は20円です。

スリムタイプでもロングタイプとショートタイプで値段は変わってきますが同じ長さのものを比較すると金額の差は約20円ほどになります。

スリムタイプのショートになると値段は約400円から450円前後のものが多く、葉巻タバコと同じくらいの値段で販売されています。

セブンてんちょー
セブンてんちょー
細くて短くなる分たばこ葉の量も少なくなるので安くなるのは当たり前ですね!

同じ長さのスリムタイプは約20円ほど安い!

スリムタイプタバコの吸い応えや味は?

タバコ スリムタイプ

スリムタイプはやはり細くなっている分

「吸い応えがないのではないのか?」

という先入観が頭から離れません。

しかし!

吸い応えに関してはそれほど変わりはありません!

タバコ スリム

吸い口が狭くなっている分細く濃い煙が入ってくるので吸い応えに違いは感じられません。

小さい頃に公園の水飲み場の蛇口を指で細くして勢いよく水を飛ばしたことはありませんか?

そのイメージでタバコの煙の通り道も細くなれば勢いよく口の中に入ってきます。

吸い応えに関してはスリムタイプでも私は全く問題ありませんでした。

※吸い応えの感じ方には個人差があります

タバコ葉の量はどれくらい違う?

タバコ スリム 葉

タバコ税はたばこ葉の重さによって左右されるのでスリムタイプのタバコは比較的安く購入が可能です。

私はケチな性格なので、

安くても値段以上にたばこ葉が少なくなっているのであれば意味がない!

と、思ってしまいます。

なので、通常のタバコとスリムタイプのタバコのたばこ葉の量を比較してみました。

タバコ スリムタイプ

左側がスリムタイプで右側が通常タイプのタバコですが見た感じは一目瞭然ですよね?

たばこスリム スリムタイプ タバコ

スリムタイプのたばこ葉の量は約0.2gです。たばこ全体の重さが0.4gなので、残りの半分はフィルターの重さになります。

タバコ葉 タバコ葉

通常タイプのタバコは全体の重さが0.8gでたばこ葉が0.4gでした。

たばこ葉とフィルターの比率は大体1対1でだとおもわれます。

通常タイプとスリムタイプではたばこ葉の量は半分違う

スリムタイプを多く吸っているのは男性?女性?


グラフは当店での性別・年齢別のスリムタイプの購入割合です。

昔はスリムタイプと聞くと女性が吸うタバコのイメージでしたが今は違うのがわかります。

そもそも昔は、スリムタイプのタバコはピアニッシモなどの女性向けのものしかなく、男性が吸う銘柄がなかったのです。

今ではスリムタイプの種類も増え、男性が吸う機会も増えてきました。

セブンてんちょー
セブンてんちょー
スリムタイプ=女性用タバコという概念はなくなりましたね!

検証結果

スリムタイプのタバコと通常タイプのタバコは

  • 味や吸い応え→変わらない
  • たばこ葉の量→通常タイプの方が0.2g多い
  • 値段→スリムタイプの方が20円ほど安い
  • 男女年齢問わず吸われている

という結果になりました。

吸い応えに関しては個人差がありますが、それほど違いが感じられなかったので今より安いタバコを探している方は試してみてはいかがでしょうか?

しかし、たばこ葉が半分になっているのであれば、値段も半額くらいになっていれば嬉しいのですが。

まとめ

今回はスリムタイプと通常タイプの違いを紹介しましたが、安いタバコをお探しの方は葉巻タバコや通常タイプでももっと安いタバコがあります。

葉巻タバコ
安いタバコを探している方におすすめ!セブンイレブンで売れている人気葉巻タバコランキングTOP10!現役セブンイレブン店長が自店の葉巻タバコの売り上げをランキング形式で紹介します。...

今までずっと同じ銘柄のタバコを吸っていた方も、安いタバコに切り替えてみるのも新鮮で面白い発見がありますよ!

もしかしたら気に入った味に巡り合えるかもしれません。

タバコ税の増税に負けずに頑張りましょう!

ありがとうございました!またお越しくださいませ!

20歳未満の喫煙は禁じられています。 私は満20歳以上の喫煙者であることを確認します。