タバコ

JT(日本たばこ)の唇の裏に挟む無煙タバコ『SNUS(スヌース)』を徹底レビュー!

スヌース

いらっしゃいませ!

改正健康増進法により受動喫煙者の健康を守る法律ができました。

これにより喫煙者はたばこを吸う場所がかなり限定されてきましたね。

周りの人の目を気にせずにたばこを吸うには煙を出さない以外に方法はありません!

そこで今回はタバコを吸いたいけど煙やニオイが気になる方におすすめな無煙タバコ『SNUS(スヌース)』を紹介します。

セブンてんちょー
セブンてんちょー
無煙タバコは普通のタバコとは全く使い方が違うんだ!
お客さマン
お客さマン
無煙タバコって初めて聞くけどどんなんだろ?

『SNUS(スヌース)』の特徴や成分とは?

snus
原材料たばこ、セルロース、pH調整剤、食塩、グリセロール、香料、甘味料、プロピレングリコール、レシチン(大豆由来)、ナトリウム
内容1ケース(20個入り)
値段税込500円
セルロース

セルロースは不溶性食物繊維に分類され、食品としては大豆やごぼう、穀類などに多く含まれる成分。炭水化物。

pH調整剤

食品添加物のひとつ。 食品における腐敗防止や変色防止の目的で加工食品などに含有されている食品添加物の総称。

グリセロール

グリセリン (glycerine, glycerin) は、3価のアルコールである。学術分野では20世紀以降グリセロール(glycerol) と呼ぶようになったが、医薬品としての名称を含め日常的にはいまだにグリセリンと呼ぶことが多い。食品添加物として、甘味料、保存料、保湿剤、増粘安定剤などの用途がある。虫歯の原因となりにくい。医薬品や化粧品には、保湿剤・潤滑剤として使われている。

参照:Wikipedia

プロピレングリコール

『プロピレングリコール』とは香料を溶かすことができる特徴があり無色・無味・無臭の液体。

レシチン

大豆レシチンに含まれるリン脂質の種類は豊富で、必須脂肪酸が多く、コレステロールを含まないのが特徴です。
大豆から抽出した粗油を脱ガムする過程で得られ、健康維持や脂溶性ビタミン吸収促進の働きがあります。

参照:J-オイルミルズ公式ホームページ

たばこ葉を包んだ袋を唇の裏に挟んで使用する『嗅ぎタバコ』です

SNUSの特徴
  1. 火を使わないから安全
  2. 灰がでないのでお掃除いらず
  3. 無煙なので使用場所を選びません
  4. 口に入れるだけなので手がふさがらない
タバコ葉以外は身体に害のないものをつかっているみたいですね♪

無煙タバコ『SNUS(スヌース)』の中身を見てみよう!

snus

無煙タバコは紙巻きタバコや加熱式タバコと何が違うのか中身を見ていきましょう!

無煙タバコ 中身

スヌースのたばこ葉は、乾燥されたたばこ葉ではなくしっとりとしていました。

粉末状になっていて他のたばこ葉に比べるとかなり細かいです。

無煙タバコ『SNUS(スヌース)』の使い方と感想

無煙タバコ

「火」も「電気」使わない無煙タバコはどのようにして使うことができるのか実際に試してみましょう!

初心者でも簡単で箱の裏や説明書に使用方法が記入してあります!

ポーションと言われる袋を唇と歯茎の間に入れます。

口に入れた状態で15分~30分味わったら吐き出します。口に入れ始めて数分で口の中がピリピリとしてくるのがわかります。

感覚としてはスースーするミント系のフリスクを口の中に入れたまま放置したような感覚です!

使い方はとても簡単なので注意事項だけ守れば問題なさそうです!

  • 誤飲に注意!
  • 歯茎に痛みなどがある場合は使用中止!
  • 30分以上使用しない!
お客さマン
お客さマン
こんなんで満足するの?
セブンてんちょー
セブンてんちょー
たしかに見た感じは物足りなさそうですよね?

無煙タバコ『SNUS(スヌース)』を使った感想

スヌース

紙巻きタバコのように勢いよく煙を吸い込んでニコチンを摂取できるわけではないのでたしかに物足りなさは感じます。

ですが10分くらい時間が経つと次第にニコチンが効いてきたのか口の中がたばこを吸ったような感覚になります。

煙やニオイこそないもののニコチンを摂取した満足感は得られるのでとにかくニコチンを摂取したい人にはかなりおすすめです!

即効性はないので口に入れてすぐ吐き出さずにまずは少し時間をおいてあとからくるピリピリ・ジンジン感をお楽しみください!

無煙タバコ『SNUS(スヌース)』のメリット・デメリット

メリット

メリットは何といっても煙やニオイがないので使う場所を選ばないところです。

ガムを噛むような感覚で電車等の車内で使っても周りの人の目を気にする必要はありません!

袋ごと口に入れるので全く知らない人には「あの人袋ごとガムを食べてるよ。。。」と思われることは多少あるかもしれません!笑

使う場所を選ばないタバコは無煙タバコしかないので最大のメリットといえます!

デメリット

やはり無煙タバコ1本で行くのは喫煙者にはかなり難易度が高いです。

原因としてはやはり物足りなさがあります。紙巻きタバコや加熱式タバコのように勢いよく肺まで煙やニコチンを届けれないのでもどかしい気持ちになります。

無煙タバコの現状の使い方としては、普段喫煙が可能な場所では加熱式タバコを使い、禁煙場所でどうしてもタバコを吸いたくなった時に無煙タバコで気を紛らわせるような使い方が多いようです。

もっと無煙タバコが流行って改良され、吸いごたえのあるものに改良されれば文句のつけようがなくなります!

まだそこまで市場に出回っていないので、公式オンラインストアでの購入がメインとなります。

コンビニでの発売は今のところ未定なので手に入れるのには少し時間がかかりそうです。

まとめ

無煙タバコ『SNUS(スヌース)』をまとめると

  • 歯茎と唇の裏で挟んで使用する『嗅ぎタバコ』
  • 煙やニオイがなく、ニコチンを摂取できる
  • 物足りなさはあるが程よく満足感は得られる
  • 公式オンラインストアでの購入がメイン

こんな感じです。

紙巻きタバコが主流だった昔から今では加熱式タバコが主流になりつつあります。今後禁煙が進む中で無煙タバコもどんどん市場に拡大されると予想されます。

もしタバコの煙やニオイに悩まされているのであればぜひこの無煙タバコ『SNUS(スヌース)』をお試しになってみてはいかがでしょうか?

ありがとうございました!またお越しくださいませ!