電子タバコ

電子タバコ(VAPE)は本当に安全?健康被害は?初めての人にもわかるように基本知識を簡単に解説!

eGo AIO
×

いらっしゃいませ!

昔は『紙巻きタバコ』と『葉巻きタバコ』が主流でしたが、今では『電子タバコ』『加熱式タバコ』『無煙タバコ』など種類は様々です。

健康を意識する人が増える中で、『加熱式タバコ』や『電子タバコ』を始める人が増加しています。

しかし、本当に加熱式タバコや電子タバコは害がないのか?

安全に使用できるのか?どんな種類があるのか?など疑問も様々です。

今回はそんな『電子タバコ』に焦点を当てて紹介したいと思います。

お客さマン
お客さマン
電子タバコは気になっているけど中々めんどくさくて手がでないんだよねぇ。
セブンてんちょー
セブンてんちょー
まず電子タバコについて少し興味を持つところから始めてみてください!

電子タバコ(VAPE)とは何?

eGo AIO

まず率直に電子タバコとは、

  • 火を使わずに電気で加熱
  • たばこ葉を使用せず専用のリキッドを使用
  • 煙ではなく水蒸気が発生
  • ニコチン・タールなし

上記の1つでも欠けるとそれはもう電子タバコではありません。

よく加熱式タバコと電子タバコの区別がついていない方もいらっしゃます。

加熱式タバコも火を使わずに加熱して水蒸気を発生させるのには変わりがありません。

しかし!

加熱式タバコはたばこ葉を使用するのでニコチンが発生するなどの違いがあります。

加熱式タバコと電子タバコの違いはこちらをご覧ください。

加熱式タバコと電子タバコの違いとは?加熱式タバコは禁煙に向いている?元家電販売員が加熱式タバコ・電子タバコ・紙巻きタバコの違いと健康への影響について紹介しています。...

商品区分も違いがあります。

電子タバコ

雑貨

加熱式タバコ

たばこ

たばこ葉を使用しているかいないかが大きな違いになります。

しかし、電子タバコも未成年を対象に作っていないので未成年は購入できません

 ※電子タバコも未成年は使用できません!

喫煙場所は?

禁煙

また、喫煙場所も限られます。

お客さマン
お客さマン
たばこじゃないからどこでもいいんじゃないの?
セブンてんちょー
セブンてんちょー
みんなそう思うのですが落とし穴があるのです。

喫煙場所はもちろん『喫煙者』『非喫煙者』を分けるものでもあり『非喫煙者』に健康被害が及ばないようにする為のものでもあります。

電子タバコは水蒸気が発生します。使っている姿は喫煙者と全く同じです。

側(はた)から見たら電子タバコを吸っているのかなんてわかりません。

なので、火を使ってなくてもニコチン・タールが入ってなくても電子タバコを使っている行為が『たばこ』として認識されてしまうのです。

喫煙場所について詳しくはこちらをご覧ください!

禁煙
【喫煙のマナー】加熱式タバコや電子タバコの正しい喫煙場所とルール現役セブンイレブン店長が加熱式タバコや電子タバコのルールやマナー、「健康増進法」に伴う喫煙場所について紹介します!...

電子タバコ(VAPE)のリキッドとは?

リキッド

リキッドの主成分は

  • 植物性グリセリン(VG)
  • プロピレングリコール(PG)

ここに香料を加えて香りを調節しているものがほとんどです。

プロピレングリコール グリセリン

植物性グリセリンやプロピレングリコールは市販の食品や薬品にも使用される安全性の高い原料なので心配はありません!

日本で流通しているリキッドはニコチンゼロ・タールゼロ(まれに含まれるものもある)が主流なので禁煙や節煙に効果的です。

電子タバコの種類

電子タバコと言ってもその種類は1つではありません。

主に、リキッドを充填するタイプと使い捨てるタイプがありそれぞれメリット・デメリットがあります。

リキッド充填タイプ

eGo AIO リキッド eGo AIO

リキッド使い捨てタイプ

myble my ble liquid
リキッド充填タイプ
  • 多彩なリキッドを楽しめる
  • 見た目がオシャレ
  • コスパが良い
  • 液漏れしやすい
  • 使うのに慣れが必要
  • 手入れが必要
使い捨てタイプ
  • リキッド使い捨てでとても簡単
  • 液漏れなどの心配なし
  • 使いやすい
  • リキッドの種類は限られる
  • 安っぽい
  • 手入れの必要なし
  • たくさんのリキッドを楽しめて本格的な電子タバコを楽しみたいのであれば『リキッド充填タイプ』
  • 見た目やリキッドの種類は気にせずとにかく簡単に電子タバコを楽しみたいのであれば『リキッド使い捨てタイプ』

電子タバコ(VAPE)のメリット・デメリット

電子タバコのメリットはニコチン・タールなしでたばこのようにリフレッシュできるところにあります。

もともとは『たばこもどき』の印象が強いですが、電子タバコも進化し、かなりの吸いごたえを楽しむことができます。

リキッド数も増え、禁煙道具としてではなくリフレッシュメントとして若い世代に人気が出てきています。

健康を害せずにリフレッシュができるので、紙巻きタバコではなく初めから電子タバコを吸うことをおすすめします!

電子タバコのデメリットは、紙巻きタバコのようにコンビニなどでの販売が少なく、購入は一部のたばこ販売店かネットがメインになってきます。

もっとコンビニなどで手軽に購入できればいいのに…。

健康志向の方が増えているので、いつかコンビニでも簡単に色々な種類の電子タバコが手に入ればいいですよね。

まとめ

加熱式タバコでもニコチン・タールなしで楽しめるノンニコチンスティックが登場し始め、健康志向ブーム到来の予感です。

ノンニコチンスティック
加熱式タバコで吸えるノンニコチンスティックとは?禁煙・減煙におすすめ!タバコマニアの現役セブンイレブン店長が今話題のノンニコチンスティックについて紹介します!...

喫煙場所も制限され、どんどんたばこが吸いにくい環境になっていますので、自分自身の健康も大事ですが周りの人の健康を害さない気遣いも必要な時代になってきたのかもしれません。

たばこ税除外の電子タバコで財布にも身体にも優しい生活を送りましょう!

ありがとうございました!またお越し下さいませ!

20歳未満の喫煙は禁じられています。 私は満20歳以上の喫煙者であることを確認します。